FC2ブログ

ブッダ

Category日々の暮らし
手塚治虫さんの「ブッダ」を読んでいます。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ブッダ(全12巻セット) (潮漫画文庫) [ 手塚治虫 ]
価格:6282円(税込、送料無料) (2018/11/7時点)



福井県の禅寺に行ったとき

本棚にあったのをチラッと立ち読みして

読んでみたくなりました。


本を買ってから和尚さんに話すと

「あげたのに」と言われ

しまった!(^_^;

その時言えばよかった~


今、7巻を読んでいますが

6巻で「ダイバダッタ」という人が出てきます。


「ダイバダッタ」

聞いたことがある・・

なんだったっけ?


あっ!!!!!

レインボーマンの歌だ!


「レインボーマン」

懐かしい!

50代の人ならわかるかしら(^_^;


実写版の正義の味方!

テレビでやっていましたよね♪


その主題歌の歌詞に


「インドの山奥で修行して~

ダイバダッタの魂宿し~」


(当時、この替え歌も流行りました)


私、ずっとこの「ダイバダッタ」って誰?何?

と疑問に思っていたんです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

愛の戦士レインボーマンVOL.8 [ 水谷邦久 ]
価格:2000円(税込、送料無料) (2018/11/7時点)




疑問に思ったなら調べればよかったのにね

そんなこともすっかり忘れていました。


51歳にしてやっと判明しましたヾ(・∀・)ノ

でもね

ダイバダッタはブッダに反旗を翻した相手

レインボーマンはその魂を宿すのです・・


もっと深い意味があったのかな

子供には正義の味方にしか見えず

かっこよかったことしか覚えていません。





ブッダは読んでいてとても切なくなります。


生まれながらの身分の差

生きること

死ぬこと

死んだ後のこと

生きる意味

生かされている理由


最後まで読んだらわかるかしら・・


生きていく力になるでしょうか


子供時代に読んで難しかった

「火の鳥」

手塚治虫さんの本(コミック)を

読み直してみようかな

大人になって読んだら

もっと深い意味がわかるかも。



ポチッと押して頂けると嬉しいです♪
   ↓


にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村


人気ブログランキング

PVアクセスランキング にほんブログ村
スポンサーサイト