FC2ブログ

父の余命

Category家族のこと
昨日、父が入居している施設から

電話が掛かってきました。


父の主治医から話があるとのことで

会社を早退して

施設に駆けつけました。


主治医から


ペースメーカーの電池が完全に切れたようで

脈が30しかないこと。

(健康な人は62くらい)

心臓に負担を掛けないために

鼻から栄養を流すのを止めて

点滴に変えて、睡眠薬等の薬を投与すること。

余命は3日~1週間くらいになること


を聞きました。


ペースメーカーの電池交換の時期に

きていましたが、

電池交換は胸を開かなければいけないので

父の体力では持たないことと

こんな状態で、これ以上痛い思いまで

もうしなくていいんじゃないかと

電池交換はしないことを

母と相談して決めていました。


父は呼吸がしづらいようで

ゼーゼーと苦しそうです。


脳梗塞で倒れてから

1年4ヶ月

寝たきりで

口から食べることもできずに

よくここまで持った方かもしれません。


その間には

誤嚥肺炎で高熱が出たり

おむつにかぶれたり

違和感のある管を鼻に入れられたり

管を引き抜こうとするので

手袋をはめられたり


しんどい思いをたくさんしてきました。


(この施設に入居してから

手袋を外してもらえました)



父のことがあって


現代の医療

介護

人間

生き物




について

考えさせられました。


自分の意思とは関係なく

生かされるということに疑問を持ちます・・


意思表示できてもできなくても

生かされる


ただ

最期までこの施設に居られて

よかったと思います。



父には本当にお世話になりました。

感謝してもしきれないほどです。


いろんな想いはありますが


あとは最期の時まで苦しまないように過ごさせてあげたい。


穏やかに天国へ逝けることを祈りたいです。






ポチッと押して頂けると嬉しいです♪
   ↓


にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村


人気ブログランキング

PVアクセスランキング にほんブログ村
スポンサーサイト